AGAに保険は適用されるのか?

健康保険証

保険が適用されるという事は、医療費控除など費用的負担の軽減が受けられるという事です。AGA治療にも保険が適用されれば良いのですが、現行の法律上は保険適用外です!どうしてAGAに保険が適用されないのか?病院で治療するからには適用対象になっても良いんじゃないの?私も同じ気持ちです。

 

AGAに保険が適用されない理由
AGAに保険が適用されない理由は、AGAが直接的に生命や健康の維持に影響を与えないからです。あくまで病気であるとは言え、自由診療扱いとされています。いわば美容整形などと同じ扱いですね。厚生労働省で定められています。命にか関わることではない治療を受けるのだから、保険は適用されませんよって事ですね。

 

保険適用外だから高額な治療費が必要なのか?
AGA治療においては大きな手術を必要とするものでもなく、基本は薬による治療となります。そのため保険が適用されないとは言っても、治療費が高額すぎるという事はありません。AGA治療薬として最もポピュラーなプロペシアでも1日1錠250円程度ですので、それに診察代や処方代などを入れても月に1万程度となります。あくまで最低限の治療がプロペシアのみの治療となりますので、AGAの進行具合によっては併用してミノキシジル治療薬を使ったり、クリニック独自の治療薬や医療技術を併せて行う事となります。そうすると、治療費は2万から3万くらいが月の相場となります。

AGAを保険なしでも安く治療するためには?

AGAを保険なしでも低価格で済ませたい人には、治療費が安いという事で評判のクリニックをご紹介します。ただし、ただ安いだけのクリニックはご紹介しません。実績が伴った上で低価格な治療を行っているクリニックを厳選してご紹介します。

AGAは保険適用外ですが出来るだけ安く治療したいと思い、私なりに調査した結果もっとも手ごろで実績が豊富な病院だと思い治療を受けたのが銀クリAGAです。私は治療薬を併用してもらい月額で2万弱程度で治療を行いました。今では10年来の悩みであった生え際も半年程度で恥ずかしくないレベルにまで復活して、治療を受けたことを大変良かったと思っています。東京の銀座にある病院なので通える範囲の人は一度無料カウンセリングを受けてみる事をお勧めします。

発毛治療、発毛対策のパイオニア【ヘアメディカル】は全国5か所に診療所を構えるAGA専門の病院です。女性の薄毛治療として非常に人気が高いAACクリニックもヘアメディカルの1つの病院です。プロペシア処方のみならず患者の状態に合わせた治療を受ける事が出来、高い発毛率が評判の病院です。無料でのカウンセリングも実施されています。

全国展開の大手AGA専門クリニックが湘南美容外科クリニックです。低価格な治療と充実したサポート体制に定評があります。発毛率98%、返金保証、学割シニア割などなど。魅力的なサポートが充実している人気のクリニックです。

医療費控除適応外の美容整形

病院

医療費控除とは、年間10万円以上の医療費がかかった場合に確定申告で税金が戻ってくるという制度のことです。大きな怪我や病気で長期的な治療が必要な場合は病院からも申請するようにと言われます。世帯で10万円なので、案外越える場合も多く、医療費控除は身近なものだといえます。

 

注意したいのが、何に適用されて何が適用外なのかが少し曖昧だということです。歯医者や眼科の通院は医療費控除内ですが、美容目的の歯列矯正や、眼鏡、コンタクトの購入代金は適用外になります。また、通院に利用したバスや電車賃は控除内ですが、マイカーのガソリン代は適用外になります。

 

このように医療費控除は線引きが難しいので、敬遠しがちな方も多い制度なのも事実です。しかし近年では少しずつ制度内容も見直され、適用される部分が多くなってきているので分かりやすくなってきたという声もあります。

 

AGAの治療に関しては医療費控除の対象になる場合が多いです。ただし、AGA治療が美容目的と判断されてしまう場合は対象外となってしまいます。詳細は最寄の税務署に問い合わせて確認してみましょう。控除対象になりやすい以上、積極的に利用したほうがお得です。

 

整形を行う際に注意したいのが、手術を要する治療はほぼ確実に控除内ですが、美容整形に関しては、この医療費控除の枠には当てはまらないと言うことです。歯列矯正がそうであるように、医療目的ではない美容整形の施術は基本的に控除から外れます。保険も適応外になりますので、費用が全額実費となるわけです。

 

しかし、美容整形ではない医療目的での整形手術の費用においては医療費控除が適用される場合もありますので注意しましょう。例えば過度の火傷を負ったりという健康に関わるものがこれに該当します。形成外科などの窓口ではそういった費用と控除に関する相談を受けてくれることもありますので、一度確認しておくと良いでしょう。